ウィルコム端末販売サイト管理人のひとりごと

ウィルコム端末をいかに多く世に広めるか日夜頭を悩ませているサイト管理人のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コスト削減とは・・・。ウィルコムにすると車が買える??

先日、お客様から「携帯電話料金削減」についてお問い合わせをいただきました。
そのお客様は現在使用しているドコモから、他キャリアに替え、ランニングコストを下げたい。
ということで、私どもにもお引き合いのご連絡をいただきました。

私どもでお客様の月々の使用状況などを含め試算した結果、なんと現状のドコモとウィルコムの通話料はあまり変わらない。という結果になってしまいどうしたものかと悩み、オプションをつけてみたり、何度も計算しなおしたりいろいろ試行錯誤しましたが、結果はさほど変わらないのです。

しかし、ウィルコムとの打ち合わせの中で、「ウィルコムはかける側も安くなる」ということを助言していただき「事務所から、携帯にかける場合」の通話料を視野にいれ改めて計算しなおした結果、これならドコモに勝てるかもしれない!という数字を算出することができ、ようやくご担当の方にフィードバックさせていただくことができました。
※ウィルコムの請求書だけで試算するのではなく、固定電話のコストも下がるということも含めれば、現状のドコモより安くなる可能性が出てきたということです。

ついつい、「携帯からかける」ということに意識がいってしまうので、これ以上の削減は見込めないと考えておりましたが、ウィルコムは着信する場合も、携帯電話に比べて「安価」なので、「携帯」というひとつのくくりではなく、トータル的な通信料という大きなくくりで物事を考えた場合、大きな成果が出るということがわかりました。
これって、その会社の中だけではなく、その電話にかけていただいたお客様も通信コストの削減になるということですよね。
自分の会社以外にも貢献できるなんてすばらしいと思いませんか!

今回の件で、ひとつ勉強になったのは、携帯「端末」だけの使用料で判断した場合、必ずしもウィルコムは安くなかったということ。
これは、私にとって、大変勉強になりました。

簡単ですが、ドコモからウィルコムへ変えようかな?あるいは2台もちを検討されている方がいらっしゃれば参考にしてくださいませ。
私が試算した結果です。

■ドコモのLLプランの場合■

基本料金 約18,000円
※基本料金の内訳
・基本料金:14,600円
・ユニバーサルサービス料:7円
・留守番電話:300円
・ゆうゆうコール定額料:180円
・通話料いっかつ割引定額料3,000円
通話料 12,577円
無料通話分 -10,659円
割引 -8,480円
消費税 572円

合計:12,010円

もし、このLLと同じような使い方をウィルコムでした場合。

■ウィルコムかけ放題プランの場合■

基本料金 2,200円
通話料:20,475円(通話対象:携帯電話 通話時間:約13時間で換算)
※仮にPHS→固定電話の場合 16,380円
オプション:1000円
無料通話分:-1,260円
消費税:1,121円

合計:23,535円

この段階ではウィルコムに切り替えた場合、ドコモにくらべ-11,525円の赤になります。

しかし、事務所にもPHSを置き、通話時間を比率別にしてみると、ウィルコムがいかに安いかがわかります。

基本料金:2,200円
通話料:
通話比率30%ウィルコム→事務所: 0円(3.9時間)
通話比率50%ウィルコム→固定電話(お客様): 8,190円(6.5時間)
通話比率20%ウィルコム(営業)→ウィルコム(営業): 0円(2.6時間)

オプション:1,000円
無料通話分:-1,260円
消費税:507円

合計:10,637円

この段階で1,373円ドコモより安くなりましたが、まだそんなに差はありません。
しかし、事務所からかける通話料も含め試算してみると・・・。

※社内の人間がウィルコム端末を使いウィルコムを持っている外にいる社員に連絡をとる場合
(事務所にいる社員が1日約20分、外にいる社員と通話した場合、1ヶ月で約400分(6.7時間)通話していることを仮定しました。)

いままで携帯電話にかけていた費用、16円/1分(※マイライン適用時)で試算すると
1ヶ月で、6,432円毎月固定電話の通話料としてかかっていることになります

固定電話の費用分も含め携帯の使用料に反映すると・・・

■ウィルコム
月々:10,637円-固定電話でかかっていた費用6,432円
4,205円

■ドコモ
月々:12,010円+固定電話でかかる費用6,432円
18,442円

ここまでくれば、みなさんお分かりですよね。
ドコモとの差額が14,237円あり、ドコモからウィルコムにした場合、年間170,844円コストダウンになるということです。
ちなみにウィルコムを20台導入した場合、年間3,416,880円削減できるということになります。
341万って、車買えちゃいますよね・・・。

いやぁ、奥が深いです。ウィルコムは・・・。
必ずしもこのような使い方になるとは限りませんが、「電話通信料」を社内全体でみた場合、コスト削減をお考えの企業様にとってウィルコムはかなり有効です。しかも低電磁波ということで病院などでも使用されており、人体への影響も少なくとてもやさしいのです。
マニアックな話にもなりますが、ウィルコムは携帯に比べて音質がすごくいいのです。
とくに、銀行などでの数字のやり取りを主にされている方には「聞き取りやすい!」と大変定評をいただいております。

※3月31日まで法人ご紹介キャンペーンやっています!
ご紹介元にはnico.やW-ZERO3などといった豪華特典つき!
ご紹介先も1回線あたり1,000円のキャッシュバック!
こちらもあわせてご活用ください!!


キャンペーンの詳細はこちら

W-OAM対応のWX220Jなどの安価な端末もございますので、是非ご検討ください!

1月25日に発売されたばっかりのWX220Jはこちら♪

旧機種のWX3003Sはこちら♪

wx220j

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。